2006年からドイツ ミュンヘンで暮らしています。日々、仕事に追われているものの、楽しみが無いと生きていけない私alfa916こと「ダーコロ」の趣味は車・音楽・旅行です。それらのネタを中心に公開していきます。


by alfa916

ドイツ自動車登録事情 ~雪国なもんで、季節モノです。。

この寒いドイツにも春がやってきそうな気配です。春と言えばシュパーゲル♪栄養満点だし、味もうまい。そんな季節になると町にバイクの姿も多く見かけるようになりやんす。

そんな時期に見かけるもうひとつのモノ。。。それは「春夏仕様車」です。といっても、なんら特別なことはござんせん。

ただ単に「暖かい時期だけ使う車として登録」するだけです。大体、オープンカーやオールドタイマー、超高級クーペなどのセカンドカーたちが登録の対象になってるみたい。
下の写真がまさに「春夏仕様」のナンバー。右側に書いてある「03」「10」が公道を走れる期間と聞きますた。つまり3月から10月ってことだすね。
d0143208_644096.jpg


これからミュンヘンで車をGetされる方もいるかと思うので、おおよその登録の段取りを説明しまーす。でも、実際に行かれる方はチャンと正式なとこで調べてくださいね。いかんせん私もうる覚えなので。

続きを見ちゃう方は↓をクリックちゃん





①車を登録しに行く時は、最初に保険屋さんに行く

②登録したい旨を伝え、保険の仮契約をする。
 ※この時に春夏仕様にするのであれば、その旨伝えて、そういう契約を結べばOK。保険料も通年契約と比べると安い。

③んで、ドッペルカルテって言ったかな。。。保険契約の情報が記載されている紙を保険屋さんからもらう

④いわゆる車検証の類(ブリーフとシャイン、それとHU※1、AU※2の証明書)と一緒に登録事務所(役所)に行く

⑤ブリーフとシャインを書き換えてもらう(自分の名義に)

⑥書類を持って、ナンバープレートをつくりに行く(役所の近くにプレート製作屋がある)

⑦プレートを作ったら役所に戻り、HU/AUのステッカーをプレートに貼ってもらう

⑧保険屋に新しいブリーフをもって保険の最終手続きをしにいく

⑨自分の車にナンバープレートをくっつける

ってな感じです。

日本とめっちゃ違う点&注意点は。。。

①ナンバプレートはユーザー自身が付けて終了(日本は陸自での封印作業が必要)
②登録の時には銀行の口座情報を持っていく(自動車税は口座引き落とし。便利だすね)
③面倒な書類作成はほとんどなし(並ぶ&待つは我慢だすね)

ってな訳で、めっちゃ手続きは簡単っす。
ドイツは車天国ですし、車生活楽しんじゃいましょ♪
d0143208_6563362.jpg

※1 HU=定期点検(去年か、今年からABSシステムなど安全装置のコンピューターエラーチェックも項目に入ったとか)
※2 AU=排ガス点検(日本はまねするべきかと。ドイツの排ガスチェックは日本よりしっかりしてます。O2センサー(欧州車の場合、ラムダセンサーという名称が一般的)の作動もチェックしてます)

この2つの検査が合体していわゆる車検みたいな仕組みになってまーす。
[PR]
by alfa916 | 2008-04-13 07:13 | 車ネタ♪